弘前市認知症ガイドブックのご紹介!認知症への理解を深めよう!

どーも、代官町調剤薬局のおのてぃです!

今日は認知症についてのお話。特に、弘前市ではこんなものあるってみなさんご存知でした?「認知症ガイドブック(認知症ケアパス)」

 

PDFでも閲覧できる状態で、とってもわかりやすいなとおもいました。

 

こちらをきっかけに今回記事ネタにして認知症を紹介しようかなとおもったので、かいていきますね。

 

弘前市認知症ガイドブックのご紹介!認知症への理解を深めよう!

zaitaku

 

認知症患者数は年々増えてはいるものの、まだまだ十分にケアの手が行き届いているとは言い難いでしょう。

現場で働いているとつくづく思います。

 

 

そもそも認知症って?

端的には、

脳の機能が低下すること
その原因は、様々。その症状も、また様々なんです。

認知症の症状は2つで捉えよう!中核&BPSD

despair

記憶が悪くなる(記憶障害)というのはみなさん、イメージあると思いますが、

それは中核症状に属します。

中核症状

中核症状は他にもいくつかあって、

  • 見当識障害
  • 実行機能障害
  • 理解判断力の障害

に区別されています。

いずれも、脳細胞が死んでいったり、働きが悪くなったりして生じると言われています。

 

BPSD(行動周辺症状)

「びーぴーえすーでー???」アルファベットでわけわからん。

そういうわれることもおおいですが、これらは中核症状と一緒にみられることが多い症状のこと。

どんな症状かというと

  • 徘徊、妄想、幻覚、幻聴
  • うつ
  • 暴言、暴力、攻撃的
  • 人格が変わる
  • 不潔行為

などなど。

脳細胞の影響で、これらの症状が出てくるのですが、

一見すると、

「ただむしのいどころが悪かったのかな」

「ちょっとおちこんでるな」

くらいにしか思われないことも多い症状です。

 

近年は、若年性認知症も注目されてる。

pair

若年性認知症とは、64歳以下で発症する認知症のこと。

一昔前では、認知症は高齢者がかかるものと思われていましたが、

年金支給前の64歳でも認知症を患うケースも目立ってきました。

現場の実感としても、かつてほど

珍しいものではなくなっている肌感です。

 

更年期障害やうつ病と間違われやすい年齢

さっきの周辺症状が、若年性認知症からきていると判定できないと

「単なる更年期障害だからじゃない?」

「退職して、環境変わったからうつ気味なんじゃない?」

と勘違いされがちです。

ここが怖いところなんですよね。

安易に考えておくと危険です。

認知症の場合は、

  1. 進行性の病気、かつ
  2. 根本治療がない!

からです。

対処法は、早期発見でしょう。

また、やっぱり認知症が増えている背景には、食生活の影響を無視できません。

栄養についてもっと詳しく学んで健康を守っていかないと病気は増え続けるばかりです。

 

合わせて読みたい!

関連記事

近い将来、認知症患者は700万人超と言われ、65歳以上の国民のおよそ5人に1人が認知症となる計算です。国民病になる前に認知症を予防する生活工夫をご紹介しようと思います。ご興味ある方はお読みくださいね。[…]

nintisho

 

認知症は早期発見が大切。

ninchishohirosakisi

弘前市認知症ガイドブック概要版より引用

地域で連携し、チームで対応していくのが基本的考え方となっています。

そりゃそうです。

かつては、認知症には偏見もあり、

隔離されたような印象があったりもしますが、

今は、認知症への理解も深まり、

地域で、みんなで

関わりながらケア・サポートしていこう!

というのが普及しています。

 

弘前市体のガイドブックでも以下の機関の名前が出ています。

  • かかりつけ医療機関
  • 専門医療機関
  • 地域包括支援センター
  • 認知症初期集中支援チーム
  • 民生委員、町会長、地域の方々

そして、本人、家族等がここに関わり、各々の立ち位置や職能から

本人をケア・サポートしていくのです。

 

弘前市の地域包括支援センター相談窓口一覧

ninchishohirosakisi

弘前市認知症ガイドブック概要版より引用

施設に入るケースもあれば、在宅のケースもある。

その支援の形は、十人十色。

似て非なるのが認知症であり、疾患です。

認知症になると課題となるのは、

衣食住。つまり介護です。

 

すべてを自力でできるのは、まず難しいため、

周囲の関与が大切な役目となります。

 

当店でも、どちらへの対応も行っており、

薬剤師として服薬支援が一番の約目です。

誤飲防止のための剤形選択

錠剤が飲めない方もいれば、

錠剤自体を拒む方もいます。

そんなときは、剤形を変えます。

 

最近では、

  • 飲み物として投与できるドライシロップ
  • 皮膚に直接貼る貼薬タイプ
  • 舐めれば溶けるフィルムタイプ

など様々なものがあり、選択肢の幅は広がる一方。

 

身体に投与されないと、そもそも効果は発現しないのがくすり

みなさん案外当たり前過ぎておろそかにしがちなのが、

効果は、投与されて初めて発揮されるという点。

とにかく、処方する側はして終わり。

飲ませる側は渡して終わり。

結局、本人任せ
ってのが、意外とある。
でも、その本人は、認知症・・・。
いったい、誰がちゃんと投与しているのかをみるのでしょう。
患者さんは、診察室では、
よく思われたくて良い患者に変身します。
医師もその事を踏まえてはいるんでしょうけども、
きめ細かい対応は多忙すぎてできていないのが現状ではないでしょうか。
ブーブーいったって、
患者さんだって3分診療にいつの間にか慣れきっていますしね。
でも服薬に関する不安要素だけが積み残されたたま
いろんな医療機関を受診し歩いている。
そのために増え続けてちゃんと飲めなくなるくすり。
現場はやっぱりそれに多くぶち当たります。

薬剤師を介入させてQOL維持向上させましょ。

医師も忙しく、看護師も忙しい。

ヘルパーさんだって忙しいし、地域包括支援センターの方々だって相談が増えれば増えるほど、多忙になっていく。

もちろん、薬剤師である私だって同様です。

 

でも、やっぱり患者さんの安心安全のことを思えば、

介入して課題解決していくのが薬剤師。

きっとどの職種だってそうですよ。プライドもってやってるはずです。

 

ただ、薬剤師は他の職種と違い、

くすりのメカニズム、種類剤形、効能効果、禁忌、

副作用、他の薬剤の切り替え提案、導入、相互作用などに詳しいです。

もちろん、薬剤師の個々人の差によりばらつきはあるものの

即答できずとも調べてリサーチして回答することは

やはりプロである以上早い。

OTCやサプリメントやハーブだって、有機化学的構造式なども使えば

想像はつきやすい。

何がいいたいかというと、

薬学的思考は、やはり薬剤師ならではの思考回路だというところ。

 

もっと頼ってほしいんです。

 

薬剤師は在宅医療できます。

薬剤師はまだまだ在宅医療での職能発揮が期待されている割に

できていない側面もあり、それは自分らの不徳のいたすところもあるとは思いますが、認知がまだ足りていないんじゃないかなとも思うんです。

ですので、この記事でそこは伝えておきたいです。

ケアマネジャーを2021年取得を目指す!

少しでも接点と職域を増やせるよう、まず目の前のできるところから。

ということで、ケアマネジャー受験をいたします。

今年は、手違いで申し込みが過ぎちゃっていたので、できませんが、

介護職の関係者との交流や、自主学習で学んでいる最中です。

弘前市、青森県のために自分の能力を尽くしていけたら

幸せだなと感じているので、私は一歩ずつ前進して、

役立つ人材と薬局になれるように精進します。

 

認知症の予防と対策に!高齢者専用サプリメントなら【フェルラブレインPLUS】
3.5



「ぼんやり」が「スッキリ」に!フェルラブレインPLUS
5人に1人が予備軍と言われる時代。薬ではなく、サプリメントで対応したい方はこちらはいかがでしょう。フェルラ酸の他、ホスファチジルセリン、ビンマカイナー、DHA配合。医薬品製造レベルの安全基準を満たした国内工場で生産。安心・高品質。お体に合わなかったら全額返金保証付き。クレジットカード、コンビニ支払いも可能。フリーダイヤルのお電話でも注文可能。

口コミ

(70歳・男性)
年だから仕方ないと思いつつも、ぼんやりしてしまうのをどうにかしたいと思ってました。使い始めてから少しずつ調子がいいです。今では昨日何をしたのかも明確に言えるくらいスッキリしています。


(60代・女性)
外出がおっくうになっていて、気持ちも沈みがちでした。歳のせいだと割り切っていましたが、気持ちが軽くなるならと思い、購入。続けると気分も次第に晴れてきて、今では近所を主人と散歩するのが日課です。


(50代・女性)
最近会うたびに元気がなくなっていた母に、なにかしてあげたいと思い、このサプリメントに出会いました。プレゼントしてしばらくしたら、なんだか調子が良さそうです。笑顔が増えた母をみて、私も前向きになっています。

ninchishohirosakisiyakuzaisi
お役立ち情報も配信中!
スポンサーリンク