新型コロナウイルスの治療薬となる?シクレソニド(喘息)

新型コロナウイルスの症状にシクレソニド(喘息治療薬)が有効であったという報告がありました。調べたのでご興味ある方はお読みください。

 

この記事はこんな人におすすめ!

  • 新型コロナウイルスの情報が知りたい方

 

この記事の解説している人の実績

Akimotty
これまで10万件以上の症例を
みてきた実績をもつ薬剤師。
【専門資格】
・認定薬剤師2012~
・実務実習指導薬剤師2016~
・衛生検査技師2011
・青森県糖尿病容量指導士取得2007

 

新型コロナウイルスの治療薬となる?シクレソニド(喘息)

coronavirus

今朝、テレビ朝日「羽鳥のモーニングショー」でも話題にとりあげられていた「シクレソニド」に関するニュース。なんでも有効であったという報告があったようです。

新型コロナウイルス症例3例がシクレソニド投与で症状改善。

神奈川県立足柄上病院は3月2日、吸入ステロイドのシクレソニド(商品名オルベスコ)の投与により症状改善が得られた新型コロナウイルス感染症COVID-19)3例の詳細を日本感染症学会のウェブサイトに掲載した。3例はいずれも胸部CTにてすりガラス影を呈する肺炎像が見られ、入院中に酸素が投与された。

日経メディカル
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202003/564586.html

シクレソニドとは?

気道の炎症を抑える。喘息、咳の発作などを予防する吸入薬です。
喘息治療薬にはいくつか種類があり、その中でも今回のシクレソニドは販売開始は2007年6月と割と歴史ある薬剤の一つです。

シクレソニドの副作用。気になる安全面は?

first-aid

歴史が長い薬剤は、臨床実績も多く、新薬と比べて未知の部分が少なくなるためその面では安全と言えるでしょう。
また喘息治療の吸入薬は、単剤のものもあれば
複数成分が配合されているものもあります。
今回のシクレソニド(商品名オルベスコ)は
単味成分であれば、配合剤と違い、
1種類の薬剤成分だけの投与で済みますので
副作用の面からみても安全だと言えるでしょう。

シクレソニドの副作用の代表例

シクレソニドの副作用として有名なのは

  • 声枯れ
  • 喉のイガイガといった咽喉頭症状
  • カンジダなどの感染症
  • 味覚障害

などです。

ただこれらは、吸入ステロイド薬全般に当てはまるので

シクレソニド特有というものではないですね。

シクレソニドの副作用の予防対策は「うがい」

吸入ステロイド薬は、粒子が非常に細かいため

気道、肺胞まで届きやすいといった反面、

口腔粘膜等に付着しやすいため、

その付着した薬剤を洗い流す必要があります。

そのためには、「うがい」が効果的です。

 

私も研修受けたことのある、青森県吸入療法研究会の方でも

全種類の吸入デバイスにおいて

「うがい」による副作用の予防を指導するようにしております。

【新型コロナウイルス対策】シクレソニドは子供にも使えるの?

nemukunai

結論は、使用可能です。

小児
通常、小児にはシクレソニドとして100~200 μ gを1日1回
吸入投与する。なお、良好に症状がコントロールされてい
る場合は50μg1日1回まで減量できる。

添付文書より

執筆現在、多くの学校で休校等の対応をしており、子供を新型コロナウイルス感染症にしない取り組みがなされていますから、この薬剤が子供にも投与できるというのは安心材料だと思います。

新型コロナウイルス治療目的でのシクレソニド投与は保険適用外?ハードルは保険適用。

laboratory

現在、シクレソニドの保険適用は、

気管支喘息のみです。

新型コロナウイルスの感染症由来の症状としての

気管支喘息で保険適用となるのかが不透明なところです。

気になるシクレソニドのお値段(薬価)

シクレソニドの薬価
1705.2円/キット~2195.6円/キット
※用量別に4段階ありますが、約2,000円ですので
薬価としてはそこまで高くはありません。
もしも仮に保険適用とならない場合でも、
払える価格と言えるでしょう。
経済面でもこれは安心材料です。

シクレソニドの禁忌、注意事項は?

doctor

投与可能な方やそうでない方など、細分化すると注意事項はございます。

以下にカンタンですが列挙しておきますね。

患者背景による注意事項

  • 相対禁忌
    • 妊婦、産婦
  • 慎重投与
    • 高齢者
  • 注意
    • 幼児、小児
  • 投与に際する指示
    • 幼児、小児

年齢や性別に応じた注意事項

  • 慎重投与
    • 高齢者(65歳~)

 

まとめ

シクレソニドのニュースから調べてカンタンですが記事にしてみました。

やはり現状、保険適用面でのハードルがあるので

そこがネックかなと思いますが、

処方する医師及び処方される患者側の

精神的な負担は

抗HIV薬やアビガンなどと異なり、かなり少なくなりそうです。

 

またステロイドと聞くと、

不安感を持たれる方もいると思いますが、

吸入ステロイド薬は、内服薬の投与よりも

全身作用の発現が少なく、

しっかりと吸入指導を受け、それを守っていけば

副作用は回避できますから安心です。

 

診察でお忙しい医師は、なかなか吸入指導まで

手が回らない状況だと思いますので

その際はぜひ薬局薬剤師に吸入薬の正しい使い方を

教わり、適切に投与ほしいと思います。

 

今回は以上です。最後までお読みになりありがとうございます。

もしこの記事が良いと思った方は

「応援クリック」のバナークリックをお願いします。

順位が上がり、モチベーションに繋がります。

 

また、SNS各種やっています。フォローしてくれると

こちらもまたモチベーションに繋がります。

よろしくおねがいします(^^

 

合わせて読みたい!

関連記事

新型コロナウイルスが猛威を奮って日数が経ちます。メディアでは連日報道はされている通り終息する見込みは今のところ見えてきません。というのも政府対応が遅い。遅いだけでなくひどい。もう意図的に感染を広げているとしか[…]

新型コロナウイルス怖い
関連記事

新型コロナウイルスの影響は止むことはなく加速している状態が続いています。そんな中、東京オリンピック中止の可能性がでてきました。経済への影響も最悪となりそうです。いったいどういうことなのか。気になる方はどうぞお読みになってください。&[…]

gorintyusi
関連記事

新型コロナウイルス(2019n-CoV )が日本を襲って月日が経っていますが、この度WHOから新型コロナウイルスが引き起こす病状について名前が決まりました。新型ウイルスの病状「COVIDー19」と命名されました。[…]

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

自宅に送られてくる検査キットを使って、唾液をポストに投函するだけ!生まれもった病気のかかりやすさなどがわかり、病気を未然に防ぐのに役立ちます。

  1. 検査キットをインターネット経由でご購入
  2. 唾液採取後、同意書と一緒にポストへ投函
  3.  検査結果・アドバイスをWebにて閲覧。

「ヘルスケア」と「がんパック」の2ラインナップがありますが、「ヘルスケア」には「がんパック」の検査がすべて含まれています。重複購入にご注意ください。遺伝子検査サービス「MYCODE」

sikuresonido
お役立ち情報も配信中!
スポンサーリンク